過去のお知らせ(最新の情報はHPホーム大会掲示板をご確認ください)


令和2年度日本貝類学会大会(オンライン大会)開催のお知らせ 2020.10.12掲載

 令和2年度の学会大会は,沖縄での開催を予定していましたが,新型コロナウイルスへの対応として,下記の通り,同じ日程でのオンライン大会として開催することになりましたオンライン大会として開催することになりました。奮ってご参加下さい。

開催日程: 2020年12月5日,6日(土,日)

実施内容: Zoomによる口頭発表,懇親会,事務局報告 日程は沖縄大会の予定通りです。ポスター発表,総会は実施いたしません。

参加費と申込: 全員無料,貝類学会員は事前申し込みも不要

参加資格: 貝類学会の全会員,ならびに沖縄大会にエントリー済みの非会員 ただし,Zoomによるオンライン参加が可能な方に限ります。非会員で参加ご希望の方は,この機会にぜひご入会ください。
https://www.malaco-soc-japan.org/page.php?id=102

研究発表: 沖縄大会の講演予定者(キャンセル済みの方も含む)のうち,Zoomでの発表に支障のない方による演題各1題に限らせて頂きます。新規受付は行いません。口頭講演1題につき発表12分,質疑3分です。沖縄で講演予定だった方々には,詳細について別途メールを差し上げます。

聴講方法: 参加には,パソコン,タブレットもしくはスマートフォンと,比較的高速で安定したインターネット接続環境が必要です。パソコンの機種によりカメラとマイクの別途準備が必要ですが,ネット通販サイトや専門店で合わせて数千円で購入可能です。追って聴講マニュアルを準備しますが,概要については例えば以下のページをご覧ください。
https://zoomy.info/manuals/what_is_zoom/

懇親会: 大会参加者を対象としたオンライン懇親会を開催いたします。主にグループ細分化による親睦の場を設ける予定です。途中参加,途中退出も可です。各自飲食物をご用意ください。

準備日程詳細: 11/3 演題確定,要旨改訂締切; 11/8頃 ホームページにてプログラム公開; 11/25頃 pdf要旨集をメール送付,学会ホームページ会員専用ページにも掲載; 11/29 聴講接続確認; 11/30 演者接続テスト; 12/5 学生&一般口頭発表,懇親会; 12/6 一般口頭発表,事務局連絡,学生発表賞授賞

実行委員: 狩野泰則(委員長)・久保弘文・齊藤匠・高野剛史・照屋清之介・福森 啓晶・矢萩 拓也

問い合わせ窓口: malacol2020"at"gmail.com("at"のところは@をお使いください)もしくは HPお問い合わせページへ

2020年10月12日

令和2年度大会(オンライン開催)実行委員長 狩野 泰則


令和2年度日本貝類学会大会(沖縄実施)の中止と開催実施方針の変更のお知らせ 2020. 09. 26掲載

会員各位におかれましてはコロナ禍の中、不自由な状況と拝察致します。コロナ禍により、令和2年12月5日(土),6日(日)に延期して、沖縄県那覇市での開催を予定しておりました本会大会につきまして、中止とすることとなりました。沖縄地域の脆弱な医療体制や人口当たりのコロナ感染者数全国第2位、高い高齢者感染率等を鑑みての理由でございます。沖縄大会へ参加を予定、また検討して下さった皆様をはじめ、すべての会員の皆様、他関係各位には誠に申し訳ございませんが、何卒、ご理解、ご協力のほど、お願い申し上げます。

具体的な方針につきましては、今後、以下の予定で検討を進めて参ります。

1.大会参加費・懇親会費等の参加予定者の皆様への返還、ご発表を予定されておられた皆様への発表や講演要旨の取り扱いにつきまして、事務局より個別に連絡をさせて頂きます。

2.沖縄における大会の実施は、昨年度より一定の水準まで開催準備を行ってきたことから、収束が期待される時期(令和4年度)以降に再度開催を検討いたします。

3.令和2年度は代わってZoomによるオンライン大会を実施いたします。コロナ禍中、他学会の多くがオンラインでの大会を検討・実施しており、ご理解のほどお願い申し上げます。詳細は、別途、組織されるオンライン大会実行委員会(狩野泰則実行委員長:東京大学大気海洋研究所)で検討し、10月11~13日頃に皆様へお知らせ致します。

4.令和3年度大会につきましては医療体制の整った都市部での開催を予定しておりますが、場合によってはオンライン開催になる可能性もございます。

2020年9月26日

日本貝類学会会長 大越 健嗣

令和2年度大会(沖縄開催)実行委員長 久保 弘文