令和2年度日本貝類学会大会(沖縄)

   Malacological Society of Japan 2020 Annual Meeting in OKINAWA

令和2年度日本貝類学会大会(沖縄実施)の中止と開催実施方針の変更のお知らせ

 会員各位におかれましてはコロナ禍の中、不自由な状況と拝察致します。コロナ禍により、令和2年12月5日(土),6日(日)に延期して、沖縄県那覇市での開催を予定しておりました本会大会につきまして、中止とすることとなりました。沖縄地域の脆弱な医療体制や人口当たりのコロナ感染者数全国第2位、高い高齢者感染率等を鑑みての理由でございます。沖縄大会へ参加を予定、また検討して下さった皆様をはじめ、すべての会員の皆様、他関係各位には誠に申し訳ございませんが、何卒、ご理解、ご協力のほど、お願い申し上げます。

具体的な方針につきましては、今後、以下の予定で検討を進めて参ります。

1.大会参加費・懇親会費等の参加予定者の皆様への返還、ご発表を予定されておられた皆様への発表や講演要旨の取り扱いにつきまして、事務局より個別に連絡をさせて頂きます。

2.沖縄における大会の実施は、昨年度より一定の水準まで開催準備を行ってきたことから、収束が期待される時期(令和4年度)以降に再度開催を検討いたします。

3.令和2年度は代わってZoomによるオンライン大会を実施いたします。コロナ禍中、他学会の多くがオンラインでの大会を検討・実施しており、ご理解のほどお願い申し上げます。詳細は、別途、組織されるオンライン大会実行委員会(狩野泰則実行委員長:東京大学大気海洋研究所)で検討し、10月11~13日頃に皆様へお知らせ致します。

4.令和3年度大会につきましては医療体制の整った都市部での開催を予定しておりますが、場合によってはオンライン開催になる可能性もございます。

令和2年9月26日

日本貝類学会会長 大越 健嗣
令和2年度大会(沖縄開催)実行委員長 久保 弘文